北海道に最強クラス寒気襲来

今週は気温のアップダウンがかなり大きく、服装選びが大変ですね。きょう7日(木)は前線に向かって暖かな空気が流れ込んでいるため、九州~東北南部で寒さが緩んでいますが、あすから週末3連休にかけては寒気が南下する影響で再び真冬の寒さが戻ります。特に北海道はあす8日(金)から9日(土)の朝をピークに記録的な寒さが予想されますので、万全な防寒対策をお願いします。

あす8日(金)は北海道の上空1500m付近に-24℃以下と稀に見る非常に強い寒気が流れ込み、最高気温は札幌でも-10℃の予想。また9日(土)の朝は陸別町など内陸部で-30℃以下の強烈な冷え込みが予想されています。水道管の凍結や健康管理にはくれぐれもご注意ください。北日本日本海側は8日(金)にかけて大雪や吹雪にも注意が必要です。

水道管凍結に注意

各地の予想最高気温

9日(土)は弱い気圧の谷となり全国的に雲の多い空模様で日本海側も太平洋側も所々で冷たい雨や雪となるでしょう。関東地方も明け方から夕方にかけて雪やみぞれが降りやすく、関東北部の平野部では雪がうっすら積もるところがあるかもしれません。ただ、雪の降り方は強まらない見込みで東京都心で積雪となる可能性は低いでしょう。

10日(日)と11日(月)は冬型の天気分布となり、太平洋側は概ね晴れる見込みですが、日本海側は雨や雪が降りやすく、沖縄も寒気や前線の影響で雲が主役の連休となりそうです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。