沖縄地方で梅雨明け

沖縄地方はこの先しばらくは太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見通しとなったことから、沖縄慰霊の日のきょう(6/23)、梅雨明けが発表されました。平年と同日で、昨年より1日遅い梅雨明けです。

先週は台風6号と活発化した梅雨前線の影響で、沖縄本島地方を中心に大雨となりましたが、期間前半は空梅雨が続き、那覇市の降水量は平年のおよそ半分の215ミリにとどまりました。

■梅雨期間中の降水量(5/8〜6/22)
(速報値)

今週は梅雨前線が九州南部付近に停滞し、鹿児島県奄美地方の十島村で記録的な大雨となっています。西・東日本もこれから梅雨が本格化し、梅雨末期の大雨災害が多くなる時期に入りますので注意が必要です。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。