口永良部島に噴火警報 早めの避難を

鹿児島県屋久島町にある口永良部島新岳の火山活動が活発となり、気象庁は噴火のおそれがあるとして、本日15日10時30分に噴火警戒レベルをレベル2(火口周辺規制)からレベル4(避難準備)に引き上げ、口永良部島に噴火警報(移住地域)を発表しました。(※)

口永良部島では3年前(2015年5月29日)に爆発的噴火が発生し、一時火口から9,000メートル以上の高さまで噴煙が上がりました。今回も同様の噴火が発生する可能性があり、新岳火口から概ね3kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒が必要です。屋久島町は口永良部島内の全域に避難準備や高齢者や体の不自由な方など避難に時間を要する方の避難開始を呼びかけています。

※噴火警戒レベル4(避難準備)は居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が予想される場合に発表され、噴火警報(移住地域)は特別警報に位置づけられます。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。