週末は冬型解消 土曜日穏やか

北~西日本に真冬並みの寒気が流れ込み、札幌はきょう(13日)まで7日連続の真冬日。西~東日本もコートにダウンに冬物アイテムが活躍し、先週から季節が一気に進みましたね。日本付近はあす金曜日にかけて冬型の気圧配置で、先週末ほどではないもののこの時期らしい師走の寒気が流れ込んでいますので、暖かくしてお過ごしください。週末は冬型が緩んで寒さは少し和らぎそうです。

北海道~山陰地方の日本海側はあす14日夜にかけて断続的に雪や雨。北日本と北陸地方は今夜遅くからあす明け方にかけて低気圧や前線が通過する影響で雷雨や降雪の強まりに注意が必要です。また、あすにかけて冬型が強まり、吹雪や吹きだまりによる視程障害や交通障害が発生するおそれがあります。車の運転にも十分ご注意ください。太平洋側は冬晴れが続き、空気は冷たいですが日中の日差しが暖かく感じられそうです。

15日(土)9時の予想天気図

土曜日は高気圧が日本付近を東進、冬型が緩むため日本海側は雲が多めながらも天気回復。北風は弱まり太平洋側を中心に穏やかに晴れるでしょう。

16日(日)9時の予想天気図

ただ、日曜日になると前線や低気圧が西から進むため、九州や中国、四国地方は朝から雨となり、夕方には東海や北陸地方など東日本にも雨雲が広がり、北海道では雪雲がかかる見込みです。東日本の標高の高いところでは雪になる可能性がありますが、平野部では雪ではなく雨の降るところが多いでしょう。沖縄は週末は雲が多いですが暖かい空気が流れ込み、日曜日は25℃近くまで気温が上がる見込みです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。