GW前半は行楽日和 各地で夏日に

大型連休が始まりました。連休前半は高気圧に覆われて全国的に陽射したっぷりで行楽日和となるでしょう。

沖縄から東北まで広い範囲で25℃以上の夏日が続き、札幌も20℃を超えて6月並みの陽気になる見込みです。外のレジャーや移動中の車内など熱中症にはくれぐれもご注意を。こまめな水分補給と休息をして下さいね。

連休後半は傘の出番です。5/2()は低気圧や前線が通過するため、全国的に雨が降るでしょう。
また、低気圧の通過後の5/3()5/5(土)にかけて、西〜北日本の上空に強い寒気 (5500m付近に-21℃以下)が流れ込む見込みです。地上との温度差が大きくなるほど大気の状態が不安定になりますので、晴れていても雷雨など天気の急変に注意が必要です。山や海にお出かけの方は、最新の情報を確認して無理のない計画をお願いいたします。

■期間前半(4/28〜5/1)
広く晴れて各地で夏日に
■期間後半(5/2〜5/6)
西から天気崩れる
天気急変・雷雨に注意
終盤は沖縄と西・東日本で天気回復

※上記の予報や見通しは変わる場合がありますので、最新の情報をご利用ください。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。