いよいよ桜の開花へ、春の暖かさが続き季節前進(関)

◆今週の天気のポイント
・期間の初めは桜の開花を促す雨、ザーザー降りに注意
・14日(日)は北日本の太平洋側で荒れた天気の恐れ
・気温は高めの状態が続き、春本番の暖かさの所も

期間の初めは、北日本は晴れて日差しがたっぷりと届きます。しかし、西日本や東日本は低気圧が通過するため各地で雨となり、短時間でザーザー降りとなる所もあるでしょう。予報を確認し、大きめの傘やレインコート、長靴などを用意して下さい。また、太平洋側を中心に強風にも注意が必要です。

雨雲の様子は雨レーダーでチェック!
雨レーダーを開く

↓13日(土)の雨と風の予想図↓
東~西日本で雨や風が強まる所も

その後、低気圧が北上するため北日本も雲が広がり、14日(日)は北日本の太平洋側で雨や風が強まり波も高まるなど荒れた天気となる可能性がありますので、最新の予報を確認して下さい。一方、西日本と東日本は天気が回復し、各地で青空が広がるでしょう。雨上がりの後の晴天は、花粉が飛散しやすくなる条件の一つです。花粉への対策はしっかりと。

週明けの15日(月)は、高気圧に覆われて広い範囲で穏やかに晴れるでしょう。しかし、晴天は続かず16日(火)以降は雲が広がりやすくなり、北日本や北陸は雨の降る所もありそうです。上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込み、北海道や東北北部は雨が雪に変わる見込みです。路面が凍結する恐れがあるため、車を運転する際はいつも以上に慎重に行って下さい。

沖縄は、初め前線や湿った空気の影響で雨の降る日もありますが、期間の中ごろは高気圧に覆われて晴れるでしょう。その後は、晴れ間はあるものの雲が広がりやすくなる見込みです。

17日(水)に春の彼岸入りを迎えます。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、実際に気温が高めの一週間となりそうです。
特に週の初めごろは、西日本から東日本の太平洋側などで最高気温が20℃を上回り、5月並みの暖かさとなる所があるでしょう。北日本も気温は高めで、積雪の多い地域では雪崩や融雪による土砂災害道路の冠水などに注意が必要です。ただし、17日(水)は寒気が流れ込むため気温は低くなり、北日本や北陸などは一気に寒さが戻るでしょう。前日との気温差が大きくなるため体調管理に注意して下さい。

季節が前進し、既に広島ではソメイヨシノの開花が発表されました。今週は続々と桜の開花の便りが届きそうです。


(マドレーヌ)

シェア!