初冬の寒さは一休みするが、寒暖の差に注意

■北日本
26日(月)はおおむね晴れますが、その後は日本海側を中心に雪や雨の日が続き、荒れた天気になる日もありそうです。太平洋側では晴れ間のでる日もあるでしょう。
気温は、27日(火)を境に寒暖の差が大きくなります。27日(火)は、北海道でも日中の気温が10℃以上の所が多く東北南部は15℃を超えますが、その後は急に気温が下がり寒さが戻ります。北海道は5℃以下になり最高気温が0℃未満の真冬日の所もある見込みで、東北北部も日中の気温は10℃以下となるでしょう。

↓27日(火)の予想気圧配置図↓

北日本は次第に荒れた天気となる恐れあり

■東日本
北陸は27日(火)と30日(金)は晴れ間がありますが、その他の日は曇りや雨となりそうです。関東や東海は28日(水)~29日(木)に雲が広がりやすくなりますが、その他の日はおおむね晴れるでしょう。
気温は前半が高く日中の気温が20℃前後の日が続きますが、後半は低くなり15℃前後となりそうです。朝の気温は10℃以下の日が続き、都市部の紅葉も更に色づきが進むでしょう。

■西日本
27日(火)~28日(水)にかけて雨が降りますが、その他の日はおおむね晴れる見込みです。
気温は週を通して高めで、日中の気温は15℃以上の日が続き20℃くらいまで上がる日が多くなりそうです。とはいえ日々の寒暖の差はあり、朝の気温は10℃くらいまで下がります。昼夜の気温差が大きいので服装を上手に選ぶなどして体調管理に注意して下さい。

■沖縄
晴れ間のでる日もありますが、雲が広がりやすい日が多くなりそうです。気温は平年よりも高いでしょう。台風28号が海上に影響を与える可能性がありますので今後の動きに注意をして下さい。

◆今週の天気のポイント
・北日本の日本海側や北陸は曇りや雨の日が多く、その他の所は晴れる日が多い。
・北日本と東日本は前半に気温が高め、後半は低め。西日本は週を通して高め。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。