北陸地方で春一番 北は猛吹雪警戒

日本海を進む低気圧に向かって南寄りの風が強まり(金沢で南西の風14.3m/s)、立春早々に北陸地方で春一番が観測されました。昨年(2/14)より10日早い観測です。

また、きょう日中は暖かい空気と陽射しで今季一番の暖かさとなったところが多く、静岡市清水区では5月中旬並みの22.8℃、東京都心も4月中旬並みの19.4℃を観測し、春本番の陽気となりました。ただ、あす朝にかけて気温は急降下しますので、今夜は暖かくしてお休みください。

北日本は発達する低気圧の影響で冬型気圧配置が強まり、北海道の日本海側は猛ふぶきとなっています。あす明け方にかけて視程障害や交通障害に警戒してください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。