きょう明け方にかけて大雪警戒

日本付近は強い冬型の気圧配置となり、強い寒気の流入で日本海で雪雲が発達。北陸〜九州北部の日本海側に雪雲が断続的に流れ込み、24時間降雪量は多いところで岐阜県白川村49cm、広島県北広島町八幡47cmなどとなっています。また、きのう26日は大分と水戸、横浜、銚子で初雪が観測されました。

大雪の見通し(山沿いの多いところ)
エリア 最大降雪量(~27日夕方)
新潟 70cm
関東北部・長野 60cm
中国・東海 30cm
近畿 25cm
九州北部 10cm

山陰地方の雪の峠は超えつつありますが、日本海側はきょう27日(日)明け方にかけて雪が降りやすく、新潟県や長野県を中心に大雪や路面凍結による車の立ち往生などに警戒が必要です。移動を予定されている方は気象情報や道路情報を確認し、車を運転される際はチェーンや冬用タイヤはもちろんのこと不測の事態にも備えておきましょう。

きょう午後は冬型の気圧配置は緩み、寒気は北上するため次第に雪の降るエリアは狭まる見込みです。ただ、雪が止んだ後も引き続き路面状況に注意してください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。