北海道 今夜にかけて猛吹雪・大雪に警戒

低気圧が急速に発達しながら北海道付近を通過中で、上空5100m付近には-39℃以下の強い寒気が流れ込んでいます。
北海道内は昨夜から猛吹雪や大雪になっており、3時間降雪量は下川町で37cm、佐呂間町で22cm(ともに1月の観測史上1位)とオホーツク海側を中心に雪が強まっています。また室蘭では最大瞬間風速26.1m/sを観測しました。

日本海側やオホーツク海側では今夜にかけて暴風が吹き荒れ、目の前の視界が無くなるホワイトアウトが発生するおそれがあります。不要・不急の外出や車の運転は出来る限り控えていただき、交通機関を利用される際は交通情報を確認するようにしてください。

北海道では先週の木曜日にも冬の嵐となり、留萌市や石狩市などでホワイトアウト状態となりました。また、JRの運休や飛行機の遅延・欠航など道内の交通機関は乱れ、深川留萌道では視界不良による多重事故が発生しました。

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。